妻視点で【自分の実家】近居┃経験してわかったメリット・デメリット・ストレスを減らすポイント

マイホームの場所をどこにするのか?

自分(妻側)の実家と近居を検討したときに
迷いなく選択する家族もいれば、果たしてうまくやっていけるのか?不安に思う家族もいるかもしれません。

私の場合は、マイホーム購入場所を自分の実家と近居にするのかどうかかなり悩みました
(まだ悩み中ですが…)

仕事をしていくつもりのワーママにとって最大の助けになるであろう実家と近居を迷うことは贅沢な悩みかもしれないと思いつつ、実家との近居はそれはそれでストレスもあります。

マイホームの土地を絶賛検討中の我が家より、

caasan
caasan

賃貸で実家近居を3年経験した視点でメリット・デメリット・ストレスを減らすポイントをまとめてみました!

この記事はこんな人にオススメ

自分の実家との近居を迷っているワーママ

妻の実家近居に迷っている旦那さん

すでにマイホームをお持ちの方は
アンケートに答えるだけでもらえる
🔻🔻超お得なキャンペーン!🔻🔻

前提条件 私の場合

私は母方の祖母との二世帯住宅で育ちました。

1階に祖母、2階に父母きょうだいで住み、実家にいた約20年くらいの間に父が祖母に追い出されたりかなりの修羅場を間近で見て育っているので、諸手を挙げて「絶対近居したい!」とは全く思いませんでした笑

caasan
caasan

ばあちゃんに追い出される父…しかも数年。。修羅場ですね〜笑

家のこと=家族や育ち方が関わってくる部分なので簡単にまとめてみます。

  • 東京出身(23区外)
  • 長女 弟は奥さんの実家近くにマンション購入
  • 20代に実家を出てからはしばらく世田谷大好き人間 
  • 母方の祖母と二世帯で育ち、超アクの強い大人たち(父母祖母)の修羅場を見て育つ 
  • 距離感が近く喧嘩も多いが仲も良い家族
  • 義理両親ともストレスなく付き合えている(はず)
  • 母はぶっちゃけ掃除が苦手 来客がほとんどない家でした
  • 千葉出身
  • 末っ子長男 義姉家族は千葉実家近くにマンションを購入
  • 20代に実家を出てしばらくは世田谷大好き人間 
  • 核家族で年の離れた末っ子として育つ 義父の単身赴任も経験 千葉に戻りたいなどは特になし 
  • とってもまともな両親 家族仲は普通だがやや淡白
  • 人見知りで繊細なので私の両親家族にやや引き気味w
  • 義母は整理整頓上手で夫も友人をよく家に呼んでいた

書き出してみると、結構育ち方の違うふたりが結婚しました。

我が家が私の実家の近居を迷う最大の理由はやはり、ぶっちゃけ夫がちょっと嫌そうという点でしょうか。笑

caasan
caasan

アクが強すぎる両親+祖母
まあ、私が逆の立場でもひるむわなw

賃貸で近居を3年やってみた

ふたりで世田谷で同棲・新婚生活を送ったのち、世田谷区は待機児童No.1などど言われていた時代なので
また物価的にもちょっとうちらには無理ぽ、ということで大好きな世田谷区を離れ、
私の実家の近くに引っ越し、まずは賃貸で近居を始めました。

マンション賃貸(実家まで車10分/徒歩35分)で1年半

戸建賃貸(実家まで車5分/徒歩25分)に引っ越し、現在2年住んでいます。

そして今、マイホーム購入を検討している場所は(実家まで車3分/徒歩15分)駅の反対側

caasan
caasan

ジリジリと距離をつめてる?笑

ワーママにとって実家との近居のメリットはいたるところで見かけられますが、
自分の実家近居でも不安や迷いがあるとしたらこんな感じでしょうか。

自分の両親の過干渉があるとうざいかも

夫が両親とうまくやれるか不安

母娘で近くなりすぎて夫が蚊帳の外になったらいやだ

実際にこの3年近居をしてみた付き合いの頻度と感じたことです。

出産前後・育休中の付き合い

1人目産後 里帰り2週間

一人目の出産後に2週間ほど里帰りしました。期間が短めなのは近居であることもありますが、実家が古くて寒い&掃除の苦手な母というのもありちょっと早めに自宅に戻りました。

夫も数回、実家に寄って赤ちゃんの顔は見にきてくれました。が散らかり気味の部屋にやや引き気味w

はやり自宅が落ち着きました。

2人目産後 里帰りなし

2人目の産後は里帰りなしにしました。

上の子が保育園に通っていること、また実家の祖母が少し認知症が始まっていて母もそのお世話でちょっと大変になり始めていたことも理由です。

コロナ禍で夫が在宅勤務だったことも幸いし、食事などは両親や義両親にも助けてもらいながら、退院後すぐに夫と上の子と一緒に育児に取りかかれたのはとてもいい経験となりました。

仕事復帰後の付き合い

1人目の復職後、近居といっても平日は仕事と家事育児でてんてこ舞いなので会う頻度はかなり減り、あっても車の貸し借りがメインに。
(当時持っていなかったため)

子供のお熱でお迎えが発生したときは基本的に自分でお迎えに行っていたので、
会社の飲み会で2回くらい、平日疲れ切ったとき夕飯一緒に外で食べようが月1〜2回といった感じでしょうか。

土日は夫もリラックスしたいと思うので、お食い初めなどのお祝いごと以外は基本会いません。

年2回くらい、夫も含めた家族全員で外食などは行きました。
夫に気を使いすぎなのかもしれませんが、かなり少ない方かも?笑

理想を言えば、月1回か2ヶ月に1回くらいはジジババみんなで焼肉わいわいなど行けると楽しいかな〜とは思いつつ。

実家と近居のメリット

お互いに助け合える、というあたりまえのメリット以外に挙げてみます。

子供にとって家以外の居場所

小一の壁について、結構ビビってしまっている私。

学童や習い事以外に、ぼーっとテレビを見たり宿題やったり誰かと話しておやつ食べたりといった、なんでもないけれど大切な時間が過ごせる場所も用意できたらいいなと思ったのが近居を本格的に考えたきっかけでした。

たまにはフラッとジジババの家にお泊まりなんかも楽しそうです。

いろんな大人に関われる

これは二世帯で育った自分も感じるメリットです。

親たちは(父母と祖母)はかなり喧嘩したり修羅場をやってましたが笑、孫であるうちのきょうだいはみなおばあちゃんとかなり仲がよく思い出もたくさんあります。また生涯仕事ををやってきたおばあちゃんの考え方などにも結構影響も受けています。

父母以外に身近な別の大人が日常にいるというのは、また違った価値観を教えてくれたりリラックスした時間を過ごせたり私にとってはたくさんのいい思い出があります。

サザエさんの家ほどではないですが、父母以外にもいろんな大人がいる、良い面も悪い面も見て多くの人間に揉まれて育つのも教育的にもいいことかなと思います。

もちろん、我々夫婦は正直めんどくさい付き合いも増えると思いますが、子供とっては自分がそうだったように上記2つのメリットは大きいような気がしています。

実家と近居のデメリット

親からの過干渉に陥りがち

これは親の性格にもよりそうですが、妻側の近居をするのであれば妻が毅然とした態度で距離感を保たなければならないなと実感しています。

当たり前ですがまずは私たち夫婦と子供たちで一つの家族

これを基本中の基本にしないと、つい干渉の度合いがあれよあれよと増え、あっという間にバランスが崩れます

「ちょっと干渉がうざいな」と感じたらすぐにきちんと伝える必要があるなあと実感中。

私も何度か意を決して伝え、ショックを受けた母に泣かれたこともありますが笑、理解してくれちょうど良い距離感が構築できてきたなかと思っています。

夫が蚊帳の外になりそう

芸能人のニュースでもありましたね…真偽のほどはわかりませんが母娘で結託しすぎて日常を回してしまい、夫が蚊帳の外でダメになりそう…みたいな話を見ると他人事とは思えません。

上記とかぶりますが、全ては夫と実家との間に立つ自分にかかっています

そう考えると、対照的な夫側の実家との近居って、夫がその間に立っている自覚が薄そうな。。笑

ストレスに感じる妻側が多いのも納得です。

妻が自分の実家と近居の場合、助かるばかりでなく、このへんのマネジメントは実は超重要だと感じました。

ストレスを減らす 気をつけるポイントは?

3年間近居を経験して、実家と夫の間で気を使ったり失敗したりいろんな経験をしてわかってきたポイントをまとめてみました。

親と会ったことをいちいち言わない

これは先に賃貸で近居を経験した友人のアドバイスで実践したことですが、育休中などの平日に親に会ったことをいちいち夫に言わない方が、夫の蚊帳の外感はかなり緩和されたように思います。笑

秘密にする、というより特段トピックスがなければわざわざは言わないって感じでしょうか。

自分に置き換えれば確かに、自分の不在中に義理の両親がしょっちゅう来ていると聞けばなんとなくちょっとやですよね。笑

ただし、2歳くらいになると「今日ばあちゃんと会った〜!」とベラベラ喋り始めるので要注意です笑

一番に相談するのは夫

特に育休中は、仕事に出て夜遅く帰る夫よりも、昼間に会う親につい色々話してしまいます。

が、これがまさに母娘で図らずも結託していってしまうパターンだとわかりました。

マイホームのことはもちろん、自分の家族の話はまず一番に夫に話すように気をつけています。

母娘は何でもかんでも話しがちですが、娘の方からここは線引きをして事後報告のことが増えると

最初こそちょっとつまらない反応をされますが、ひるまずに続けると親の方もほどよい距離感を理解してくれるように変わりました。

アポなし訪問はお互いしない

うちの母も全く悪気が無いのですが「ちょっと通りかかって」おやつなど届けれくれることが数回ありました。

が、夫は休日で整髪もしていないパジャマの状態を人に見られるのは嫌いなタチ。。

一度夫が玄関に挨拶に出てこなかった、嫌われてるのかな?と母が落ち込む事件が起こりましたorz
(母めんどくさ…)

「家族なんだから見た目なんて気にしなくていいのに…」と言いたくなる気持ちはわかりますが

これも自分に置き換えればわかる話で、どすっぴんメガネのパジャマで義理両親に会いたい人は少数派ですよね。

常に逆の立場だったらどうか?を忘れない

すべてはこれにつきそうです。笑

これさえ忘れなければ、なんとかうまくいくような気がしています。

まとめ

上記は私の場合の一例なので、実家との関係も十人十色いろんなパターンがあると思います。

ただ、自分の実家だから大丈夫と過信し、いきなりマイホームの購入で近居スタートは結構危険かもしれません。笑

可能であれば、まずはいざとなったら移動可能な賃貸で経験してみることをオススメします。

実際に、友人は賃貸で実家近居をやってみて合わず、全然違う場所にマンションを購入していました。笑

核家族化が進む中、働くワーママが増えたことで近居のニーズはかなり増加しているようです。

助け合える点はもちろん、めんどくさい人間関係をあえて選び楽しいことも大変なことも一緒くたに思い出深い子育てにできたら良いなと思っています。

caasan
caasan

同じような悩みをお持ちの方の参考になれば幸いです…!

夢のマイホーム、土地探しや予算組みなど
何から動き出して良いかわからない方は
土地と家づくり計画書の無料提案が超便利!
無料でもらえるアタリの計画書を手に
本格検討のきっかけ
にするのもオススメです

🔻🔻town life家づくりをのぞいてみる🔻🔻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA